マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


文学

太宰治の「人間失格」を読みました。
実はこれは二回目で、一回目は遠い昔、電車通学をしてた時代に読んだのですが、キレイに内容を忘れていました。読めばいいってもんじゃないですね。

内容や感想はあえて書きません…っていうか書けません。
下手にわかったような事を書くと、なんか読み込んだファンの人に怒られそうなので(汗)。
改行が少なく、びっしり字で埋め尽くされているので、それほど多くないページ数の割には読むのに時間がかかってしまいましたが、なぜかやめられなくて、一気にとはいきませんがガーッと読んでしまいました。

一回目に読んだ時の感想を忘れてしまったのは残念ですが、この作品もまたベルばらと同様、何回読み直しても自分のその時置かれている状況や年齢によって違う捉え方ができるものだと思います。
名作ってそういうものなんでしょうか。


余談ですが、岩波文庫は薄くて買いやすく、また持ち運びに良かったので、昔はよく読みました。いわゆる有名どころ…川端康成とか夏目漱石とか、代表作くらいは読んでおかなきゃなあってのもあって。
が、上に書いたとおり、読んだ事は読んだのですが、内容を覚えているものはほとんどありません。やっぱり「消化」するために読む、っていうのはだめですね。

自分で買ったそれらの本は実家で始末してしまったのですが、こっちで義姉の残していった本を見ていたら、そういうものが少し出てきたので(「人間失格」もそのうちの一冊です)、また暇をみて読み直そうかなあなんて思ってます。
[PR]
by yukino-mori | 2009-12-19 23:22 | その他
<< 今更? 白魔 >>