マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


おのぼりさん

この土日、東京に行ってきました。
二週連続でお出かけなんて、贅沢すぎて怖い(←貧乏性)

というのも、夫が同級会のために車で東京に行くというので、東京の国立新美術館で「大エルミタージュ美術館展」をやっているのを思い出し、付いていったのです。
一人でも二人でも交通費は同じ。しかも義姉の家に泊めてもらうという本当の貧乏旅行(笑)。
いつも迎える側なんですが、今回は逆、ということで結構これで気を使うもんなんだなと分かりました。
今度迎えた時はもっと優しくしてあげよう…。


一日目は夫と別行動。
せっかく子連れでないので、文化施設を色々廻ろうと計画をし、国立新美術館のある六本木を色々調べると、他に「サントリー美術館」、「森美術館」があることを知る。
歩いて回れる範囲だし、せっかくだから全部行こう!とほくほく。

まずは本命の「大エルミタージュ美術館展」へ。
ロシアのエルミタージュ美術館は、私の好きな西欧古典絵画が多く収蔵されてる美術館で、昔図書館で見た美術館ごとの画集でも一番のお気に入りでした。
せっかくだから音声ガイドもレンタルし、聞きながらじっくり鑑賞。

やっぱりよかったです~♪
不勉強なので、専門的な事は全然分からないのですが、それなりに楽しめました。
やっぱり古典は深いな~。
マティスなど20世紀絵画もあったのですが、私はよくわからないので(汗)。

あの、ヴィジェ・ルブラン夫人の作品もあったのですよ!
残念ながら、有名なアントワネットの肖像ではなく、自画像だったんですが。
華麗で優美な筆致にうっとり。解説でも、彼女自身かなりの美貌の持ち主だったということなので、実際自画像を見て納得。

もし地元で開催されていたら、もう一回くらい足を運びたいくらいです。
そのくらい良かった。





…と、ここまではよかったんですよねぇ。
東京ミッドタウン内のカレー屋さんでカレーを食べ、半券サービスでラッシーをもらったまでは、ご機嫌。


さて、と次のサントリー美術館に行くも、展示換えのため休館。

確かにわかってはいましたよ、HPを見て。でも、常設展示くらいはやってると思ってたので、ちょっと…かなりがっかり。

で、次は六本木ヒルズに移動し、森美術館へ。
今度は私の完全な勘違いで、期待していたアラブ美術の展示はまだ先、今は「ワンピース展」(マンガ・アニメの)をやっていました。
確かに、地方からわざわざ見に来るほどの有名な企画らしいのですが、私は家族連れに混じっておひとりさまで見るほどワンピース大好きというわけではないし、原作を通しで読んだ事がないのでよくわからないと思われ(それでも楽しめないわけではないでしょうが、やっぱり分かって観た方が楽しいですよね)、結局入りませんでした。

完全に当てが外れた私。
一人で練馬の義姉のもとへも帰れず、飲み会のある夫と合流するのはまだ先…。
オサレな六本木ヒルズを意味もなく一人ぶらつく田舎モノ。虚しい。

結局地下鉄で新宿へ戻り、そっちでぶらつくことに。
このごちゃごちゃした感じのほうがまだ落ち着く。不思議ですが。


最後に中央線かなんかで、吉祥寺の向こうの辺りまで出て、夫と合流。
夫の同級生方の仲間に入れてもらって飲んだのでした。

われながら、よく一人で電車に乗りまくったと感心します。この方向音痴の私が!
必要に迫られると、けっこうできるもんなんですね~(笑)。
[PR]
by yukino-mori | 2012-06-05 05:56 | その他
<< 高いところばっかり 共通点 >>