マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


オムニバスドラマ

先ほど終わりました。土曜プレミアム「ストロベリーナイト アフター ザ インビジブルレイン」。
映画「インビジブルレイン」その後として、短編ドラマ5本のオムニバスとなっています。

映画はきょう公開で、ちょうど休みだったので観に行くこともできたのですが、何せ昨日からの寒波による恐ろしい大荒れの天候、市街に向かう車も大渋滞で、とても行けなかった…。
先にそっちを観ることができなかったのは残念ですが、観なくても十分それだけで楽しめました。

菊田、葉山、姫川、日下(と井岡)、ガンテツ、それぞれが主人公のオムニバス。
ですが、一番最初の菊田の「東京」で、いきなり「あれ?」。
これ、原作では姫川の役じゃなかったっけ…。

こちら、発表済の原作「シンメトリー」と「感染遊戯」から取ったものらしく、「感染遊戯」は未読なのでわかりませんが、菊田と日下のものは短編集「シンメトリー」からで、主人公を姫川からそれぞれ彼らに置き換えたものとなっています。
もしかしてオリジナルかも…なんてちょっと期待してたんですが、やはり全く原作を離れてというのは無理だったんですね。しかも、映画初日とはいえ、私のように観てない人がほとんどなので、立ち入った内容にするわけにもいかず。
わかわかんない内容になるよりはよかったです。

菊田のものは初っ端とあって、正直ちょっと小品っぽかったかな。
あまりひねらず素直な内容でしたが、話が進むにつれて、徐々に「ストナイ」的な濃い作品に。
やっぱり圧巻は姫川主人公の作品でした。さすが本当の(?)主人公。
ガンテツのもラストを飾るものとしては胸がすく感じでよかった。やり方は汚いですが(笑)。


「ストナイ」の連続ドラマ版DVDBOXを買った時、「シーズン1」とあったので、「シーズン2」もあるんだ!と喜んでいたのですが、原作がもっと貯まるまでは無理かもですねぇ…。
[PR]
by yukino-mori | 2013-01-26 23:55 | その他
<< 実用的な付録 CD付って >>