マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


20年ぶり

本日、「ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り」初日に行ってきました。
ローソンで前売り券も買って、楽しみにしていたんです割と。

ミュシャ展は、確か約20年前にも新潟に来たことがあります。
それに行ってレポートを書くことが美術の課題だったので(その時の先生が市の美術館の館長だった)、20年ぶり2回目ということになります。

ミュシャは19世紀アール・ヌーボーを代表する画家でありイラストレーターで、緻密で繊細な作風で女性美を最大限に引き出した作品を多く製作しています。
曲線の美しさ、装飾の緻密さはため息もので、それと同時にその幾何学模様の精緻さから、一枚の絵の中に理系的なものと文系的なものが共存しているような(なんのこっちゃ)気がします。
理性が欠けても、感情が欠けてもだめなんですね。

私の大好きな「四芸術」のリトグラフや油絵「百合の聖母」も来ていたのですが、何か物足りないと思ったら、「黄道十二宮」「四つの花」が来てなかった…。
ちょっと残念。

TV局が協賛しているのもあって、土産物の種類の多さにちょっぴり商業主義も感じたりして。
結局、図録も買いませんでした。20年前のでいっか~と。


これとは関係ないのですが、いろいろあって娘を連れていきました。珍しく教育的配慮なんてものをしてはみたのですが、結局私と趣味は合わないなということがわかりました。
いいよ今度からこういうの、一人で行くから…。
[PR]
by yukino-mori | 2013-06-01 19:21 | その他
<< 再掲載 かるた >>