マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


カテゴリ:お絵描き話( 5 )

ばらの描き方

前述の「おえかきぐみ」届きました!
注文後、ふらっと入った書店でも置いてあったんですが…(知らんかった)
送料はコンビニ受け取りのためかかってないのでまあいいか~


予想通り、小学生向けのお絵かき本でした。
ぱっちりした目のキャラの描き方、表情の付け方、イラストの塗りのポイント…と、内容は簡単なんですが、意外とわかってたつもりでわかってなかったことがあったりして面白かったです。

肝心の池田先生のページは3ページフルカラー。
「おひめさまのかきかた」と題して、「本物の」おひめさまを描く第一人者、池田先生のおひめさまイラスト制作過程を写真で紹介しています。

縦ロールの描き方、ロマンティックなバラの描き方など、なるほど~と思いました。
参考にさせていただきます!

また、少女たちが対象でも、「顔周りをすっきりアップにするのが貴族の髪型」「貴婦人の手には必ず扇子」などの啓蒙?も忘れず。
最後には、「本物を見るのが一番。どうなっているのか、本物の名画を見に行ってみましょう」と…
ただのハウツーではありませんでした。さすがです。


あ、「ベルばらスクリーントーン」ですが、池田先生の描かれたリボンや飾り、バラの花などの小物と、点描背景、さらに!ゴージャスな貴族の館の室内でした。

もったいなくてもちろん使えず…
というか、使う機会がないです…。
[PR]
by yukino-mori | 2013-06-26 16:21 | お絵描き話

お絵かき本?

今日、池田理代子オフィシャルサイトを見ていたら、出版物の所に「小学館より2013年6月5日に発売された雑誌『おえかきぐみ』にて、 池田のお姫様の描き方が写真とイラスト付きで説明されています。 付録には『ベルサイユのばら』スクリーントーンシールも付いておりますので、ぜひご覧ください。」…とのこと。

速攻、「詳しくはコチラから」をクリックしましたよ!

あ、ほんとだ…。
表紙の下隅に、オスカル様のイラストが。

早速Amazonで検索。(小学館のサイトからも直接買えるらしいですが、面倒なので。)
もう今日21日だから、新品はないかもなあ…なんて思っていたら、ラッキーなことに「在庫あり」。
迷わずお買い上げ~。

どうも、小学生の乙女向けのイラストハウツー本っぽいんですが、そういうのも久しぶりでワクワクしますね~。
付録のスクリーントーンシールってどんなんだろう…(笑)。


届いたら何がしか描こうかな。
[PR]
by yukino-mori | 2013-06-21 14:28 | お絵描き話

新バージョン

サイトの方でお借りしているweb拍手、新しいバージョンになってから初めてお礼画面を増やしました。
管理画面が新しくなった時はちょっと面食らいましたが、以前の使い方は初心者にはちょっと分かりにくかったので、簡単便利になり良かったと思います。お礼画面の繰り返しパターンがいろいろ選べるようになったのも嬉しい。

でも、以前アップロードした時とは仕様が変わっているので、新しくアップロードした画面と微妙に違う…
なんか見にくいかなあと思って、結局今までのもまた画像を編集し、アップロードしなおしました。
多分お客様にはほとんど関係ない、個人的こだわりにすぎないんですが。

それにしても、テキスト広告が入るとはいえ、こんなサービスを無料で貸してもらえるなんてほんとすごい。太っ腹!
とはいえ、あちこちの会社が無料レンタルから手を引いているこの不況下、いつまで無料でやってくれるか不安ではありますが、できるだけがんばってもらいたいです。
[PR]
by yukino-mori | 2010-09-13 15:45 | お絵描き話

若さ

なんか最近、輪をかけて遅筆。

多分、「上手に描こう」と思うからいけないんですよねぇ。
考えれば考えるほど画力のなさが身に沁みて、いやんなる。
楽しみながら、とにかくいっぱい描けばそれだけ上手になるってことはわかってるんだけど。
自信をつけて楽に描けるようになりたい、といろんなものに手を出すほど怖くなってしり込み。
何も考えずにとにかく描いてたのが懐かしい。「若気の至り」ってくらいがかえっていいかもなあ~。

ってちょっと愚痴ってみました。
傍若無人の私でもたまにはこんな事を思ったりするのですよ。
[PR]
by yukino-mori | 2010-06-19 20:24 | お絵描き話

画材

最近、離れてから久しい画材をいじる機会がありました。

PCお絵描きなんて、始めるようになってまだほんの数年でしかないのに、道具を出して使って洗って片付けて、という、アナログでは当たり前の作業のめんどくさく感じることといったら。(もしかしたら年のせいかもですがTT)
しかも当然、一度やらかしたことは元には戻らない。ちょっと筆や指をを滑らせては「覆水盆に返らずとはまさにこのこと」なんて何度がっくりしたことか。

作品が手元に残る、電源を入れなくてもいつでも見られる、という利点があり、それなりに出来たモノは可愛くはあるので、まあ使い分けかなと思います。
多分もう使う事はないでしょうけど…。

使った画材は色鉛筆、ソフトパステル、カラーインク、ガッシュでした。

ソフトパステル:チョークみたいなやつ。
カラーインク:そのまんま。ビンに入ってるのでスポイトで取り出すのがいちいち面倒。
ガッシュ:不透明水彩。ポスターカラーみたいな仕上がり。

てな感じです。
透明水彩を昔は気に入って使っていたので、カラーインクの質感が好きかも~と予想していたのですが、意外とこの中で一番気に入ったのはガッシュでした。
なぜかというと、この中で唯一やり直しがきくから。
不透明なので、上塗りできるんですねぇ。ふふふ。

パステルは意外に扱いが難しいので、できるだけ触りたくないです。うまくいくと柔らかくていい感じの質感が出るのですが。不器用なのはどうしようもない。

いくらでもアンドゥ・リドゥのきくPCお絵描きの恩恵に、気がつけばどっぷり浸ってしまっている私です。
[PR]
by yukino-mori | 2010-06-17 15:34 | お絵描き話