マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


カテゴリ:食べ物( 86 )

ソフトクリーム・2

だいぶ、巻けるようになりました。
ソフトクリーム。

練習したい…とは思いつつ、うちのはレバーで出すタイプではなく、一つずつカップを装着して出すタイプ。
なので、練習したものはそっくり無駄になってしまうのです。
もったいない&申し訳ない気持ちが先に立ち、なかなか練習できず。
そして、失敗できないというプレッシャーのあまりガッチガチに緊張し、かえってうまくいかないという悪循環。

でもレジに立つ時間は私が一番長いので、私ができなきゃ話にならない。
っていうか、メンツがありますから。私にも。

できる人が少しずつ増えてくる中、焦る私。
何日目かに、「できた?」と主任にきかれ、「まだです…」と答えると、「いつできるようになる?」とあきれ顔をされ…

そんなのこっちがききたいわい。

もうだめ。
冷凍庫のわきでうずくまってマジ泣き。
小学生かあたしゃ。なにやってんだ。

まあでも、がんばらなきゃどうにもならないので、一日一個ずつ仕事終わりに自分で買い取り、練習を始めました。
おかげで、一週間半くらいでなんとか三角山型に巻けるように。

6種類あるんだけど、毎日食べてるとさすがにちょっと飽きてきた…

次は、いかにきれいな登り龍(斜めに巻き上がった隆線)を描けるかが課題です。
B型は完璧主義だそうな。(計画倒れしやすいらしいけど…)
[PR]
by yukino-mori | 2014-06-20 19:00 | 食べ物

ソフトクリーム

ソフトクリーム巻くのって、難しいですね…


練習させてもらったんですが、初日は山形になるどころか倒れた渦がまるでカオス状態。
禍々しさすら感じました。
メーカーの方が、「一度にたくさん練習するよりも、一日2~3個ずつ毎日練習した方がうまくなりますよ」と仰ってましたが、そんな時間(期間)はない!
できる人は最初からできると聞いていましたが、私はやっぱりというか、そういうタイプではありませんでした…

「あ、どうしよどうしよ、ってならなければ大丈夫だよ」とできる人に言われましたが、確かに。
これは技術うんぬんよりも(それも大事ではありますが)、見てるとどっしり落ち着いた人の方がうまいように感じます。
テンパらず冷静な人に私もなりたい。


ちなみに、昨日初めて商品として出したのですが、今までで一番マシな出来だったにも関わらず、お客様に「あれぇ~…」とびっくりされてしまいました。


申し訳ございません。
[PR]
by yukino-mori | 2014-06-09 04:12 | 食べ物

香水アイス

昨日書いた、ハーゲンダッツの「ローズ」、食してみました。

こちらも表面を薔薇色のソースが覆っており、とろりとリッチな感じ。

一口食べて、

う~ん薔薇の香水…

懐かしの、薔薇ガムを思わせる口いっぱいに広がる特徴的な香り。
いい香りなんだけど、食べ物としてはどうなのか…
いや薔薇ジャムとか、その薔薇ガムとかあるし。でもあまりなじみはないかな。私は好きだけど。

でも食べ進めると慣れたのか次第に気にならなくなり、ベリー?イチゴ?の味しかしなくなりました。
ちょっとつまんないな~

でも最後までプンプン薔薇の香りより、ベリー系の方が味としては無難で美味しいと思うのでそれはそれで。

ごちそうさまでした。
[PR]
by yukino-mori | 2014-02-11 20:08 | 食べ物

桜餅?

大雪ですね。
お元気ですか。
今、ぼそぼそとひどい勢いで雪が降ってきました。

それを暖かい炬燵にあたりながら見る、久しぶりに一人っきりのお休み。

その貴重な時間のお供に、「ハーゲンダッツ サクラ(30th anniversary)」を選んでみました。
パッケージの写真も美しい。

食べてみた。
すると。

なにこれっ!
うまっ…

と「テルマエ・ロマエ」にルシウスばりに驚いてしまうほど好みでした。
「サクランボ味」のお菓子の中には、「見た目は可愛いんだけどねえ…」とがっかりする物も少なくないので、正直期待はあまりしてなかった。
しかしこれは美味い。サクランボ味というより桜餅っぽい感じ。

サワーチェリーソースを帯状に練りこんだバニラ?ミルク?アイスの上を、ラズベリーピューレがうっすらと覆っており、見た目もはんなりと美しい。

んもう、これは桜餅好きにはたまらないですなあ。
もっと青臭くてしょっぱくてもいいかも。(桜の葉っぱの塩漬けが乗ってるとか。)

限定らしいけど、また機会があったらリピしたいです~。

同じ限定の「ローズ」も買ったので、そっちも楽しみ♪


そして、その並びにあった、いつものハーゲンよりさらに高いチョコっぽいなにかも気になる…
(最初から買わないつもりだったので、あまりよく見なかったけど、なんかおいしそうでした)。
[PR]
by yukino-mori | 2014-02-10 11:57 | 食べ物

老舗

b0139432_19225530.jpg

言わずと知れた「果汁グミ」。

なんだろう、この安心感…

この滑らかな口当たり。優しい噛み心地。
散々浮気をした私を、何も言わずに受け止めてくれるパートナーのような。(←そのような事実はナイ)

やはり昔からある王道です。
奇をてらってないところが素朴で飽きない。

粒が小さいから詰まりにくそうだし…(またそこ)
[PR]
by yukino-mori | 2013-07-17 19:29 | 食べ物

よく噛みましょう

b0139432_9434183.jpg


「ピュレグミ×JOLプロジェクト」によるピーチ&マンゴー味。
コンビニ限定だそうです。

「期間限定・恋の味」
「原宿ティーン発!」
との誘い文句にひるみつつも、マンゴー味好きとしては見逃しがたく。


前日に同ピュレグミのヨーグルト&マンゴー味を食べたばかりなのですが、味はそれとあまり変わらないかな…。
酸っぱさがこの季節に嬉しい一品。

ただこれ、平べったいハート形なんですよね。
そのことは別に何の問題もないんですが…
私、グミって、口の中で舐め溶かして半分ぐらいにしてから噛むのが好きなんです。
これでそれやったら、ふとした拍子につるんとのどに行ってしまって、あやうく詰まりそうになりました。
子供や年寄りならともかく、いい年した女がグミ一粒で死ぬのはなんとも情けない…。

それ考えると、やっぱり私にはひも状のフェットチーネや世界のキッチンからの方が安全かも。
っていうか、口に入れたらすぐ噛めよって話ですよね。

危険なので真似しないでください。(誰もしねぇよ…)


あ、ちなみにクマ型のラッキーグミは入ってませんでした。
いいけどね…別に…。
[PR]
by yukino-mori | 2013-07-16 09:43 | 食べ物

新たな獲物

b0139432_15121584.jpg


昨日、メロン味ゲットしたと書きましたが。
これ。


青リンゴ味でした~^0^/ (バカ)


どこにもメロン味なんて書いてないのにねぇ…
メロンを酸っぱくしようなんてよく考えたなあとしげしげパケを見たら「グリーンアップル」と。

思い込みとは凄いもので、メロン味と思い込んでいた時はメロン味でした。


フェットチーネはレモン以外はコンプしたので、新たに「ゼロッシュ」というものを買ってみましたが、私はもっと歯切れがいい方が好きかも。
カロリーが低いのは嬉しいけど。

わたし的暫定一位は、やっぱりフェットチーネグミのマンゴー味かな…。
[PR]
by yukino-mori | 2013-07-10 15:22 | 食べ物

グミ依存

最近、グミが好きです。
ほとんど一日一袋食べてます。

b0139432_15283846.jpg


この中で「ふわりんか」はグミではなくソフトキャンディなので厳密には除外かも…。

フェットチーネグミは、すっぱいパウダーが付いているのがいい!
ふだんはすっぱいの苦手なんですが、なぜかこれは好き。
あ、でも、レモン味はちょっとまだ挑戦できない。

今日、メロン味も買いました。

美味いなあ…。
[PR]
by yukino-mori | 2013-07-09 15:30 | 食べ物

普通が一番

亀田製菓の「柿の種」。
某番組のせんべい部門?人気投票1位に輝き、うれしい限りです。

期間限定やなんやらで、プレーンなもの以外にいろいろなバージョンが出ていますが、私の一押しはわさび味と梅しそ味。(塩だれはいまいちだった…)
柿チョコもおいしかったけど、量が少なくて割高感が。ピーナツはいらないし。柿チョコはやはり浪花屋かな。

亀田製菓といえば、ハッピーターンも有名どころですが、こちらもいろいろバージョンが出ています。
今日は限定バニラ味を買ってみました。
高級感のある箱入りの、百貨店向けのものもあり、そちらは洋ナシパウダーや抹茶パウダーや変わった味のものがあるみたいです。

誰かのお土産で、一つもらって食べたこともあるんだけど、う~ん…
これは、やっぱりプレーンなものが一番おいしいかも…

ハッピーパウダーが定着しすぎてるんでしょうね。
柿の種のフレキシブルさにはかなわないなぁ。
[PR]
by yukino-mori | 2013-04-24 22:30 | 食べ物

もも太郎

昨日のTV番組で、マルチアイスのランキングをやっていました。

私は終わり頃にちらっと見ただけですが、爆笑問題の田中さんが「新潟では、“もも太郎”というと、本物ではなくこっちの事を指す」と言っていて「本物ってなんだよ」と突っ込まれていましたが(笑)、私は深くうなづいてました。
「こっち」というのは、県民の愛する棒アイス「もも太郎」のことです。

もも果汁は一切入っておらず、普通にイチゴ味(のような…)のピンク色したかき氷バー。
なんでそれが「もも太郎」というのかは、TVで見たような気がするのですが忘れました。
番組ではダイイチのものでしたが、他にセイヒョーが出していて、微妙に作りが違います。ダイイチのものは舟形で、「ガリガリ君」のような二層になっており、セイヒョーのは普通に固めたものです。
他に姉妹品として、小豆カキ氷バーの「金太郎」、限定品で柿味の「うらしま亀太郎」などあり。

とにかく、暑い日のアイスといえば「もも太郎」。
新潟では、真夏日になるとあまりの人気に店頭から姿を消します。そのくらいの愛されフードです。
確かに、新潟で「ももたろう」というと、100人中98人くらいが「もも太郎」のことだと思うでしょうね。

ご当地面白Tシャツ(他にイタリアン、ヤスダヨーグルト、山ノ下納豆など)の中でもデザインが可愛くてお勧めです。
[PR]
by yukino-mori | 2012-12-16 13:48 | 食べ物