マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori


<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

殿といっしょ

今日、「ファイブスター」を求めて(古本屋にはなかったので…)書店に行った所、平積みになっているこれを発見。
某サイト様でちらっと聞いてから何となく気になっていたので、二巻買ってしまいました。

戦国武将ギャグ4コマ。
表紙と裏表紙でもうやられました。
今、武将がちょっとしたマイブームなのでなんてタイミング!

直江の兼ちゃんと殿も登場します。兼ちゃん二枚目で爽やかにくどい話をするキャラ。そういえばそんなイメージだなあ。
あと、実の父をからかって遊ぶ趣味のある、猟奇的な濃姫(信長の妻)もいい味です。

このノリ、どこかで…と思ったら、以前はまった事のある「王様はロバ」(なにわ小吉)と同じだ~。
関西系のボケツッコミが小気味いいんですよね。
あと、銀魂にも似た感じかも。
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-30 21:27 | 漫画・アニメ

執事再び

この前、また観てしまいましたよ、「メイちゃんの執事」。
原作はやっぱりマーガレットの漫画なんですね。しかも大ヒットだって。知らんかった。

目が慣れてきたのか、「ありえないだろ」とか言いながらも楽しめるようになりました。
理人(水嶋ヒロ)が可愛い!普段は澄ましているのに、時折感情が覗くところがツボです。

で、聖女であり悪女であるルチア様(山田優)がいい味出してます。
執事の忍の髪が白いのは彼女の趣味なのかな。だとしたらすごい。オタクだったりして…。

で、これはちょっと名前知らないんですけど。
主人公同様、お嬢様としては最低ランクに属する女の子とその執事。(なんと、お嬢様にも格付けされてるんですね。)この二人、空気を読まず、よく二人で無邪気にきゃっきゃっと遊んでいるんです。ちょっとアウトローな感じ?周りからは相手にされてないけど。

こういうカップルどこかで見たなあと思ったら、
「ファイブスター物語」のスペクターとポーターでした。
アマテラスとラキシスも、のほほんとしたシーンではそんな感じかも。

統治者アマテラスに対して唯一無礼講を許されている、宮廷お抱えの道化、スペクター。(実は彼は…っていうミステリアスな人物ではありますが。)
そして騎士ではない彼を「マスター」と呼ぶ“壊れファティマ”ポーター。
この二人も、周りが何をしていようが、どんな雰囲気だろうがおかまいなしに、ふらふらとコスプレを楽しみ、ピクニックし、時折アマテラスにおどけて皮肉を言ったりします。

・・・・・・
ところで、「ファイブスター物語」今多分11巻まで出てるんですが(と言うのは、新刊は忘れた頃に出るのでなかなかチェックしづらいんです)、実家に置いてきた1~7巻が、こないだ行ったら捨てられてました…(涙)。訊いてからにしてくれてもいいのに…。
手元にあるのは嫁いでから買った8巻~のみ。ただでさえいったりきたり複雑な筋なのに(途中から追うのは諦めましたが)、あらすじを確かめる事もできず。
今はいい時代なので、検索かけて上の二人の名前割り出しましたが。

古本屋でも探そうかな。
だってまた定価で買うの悲しすぎるんだもん…。
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-29 22:24 | 漫画・アニメ

郷土食

懐かしいブリキのバケツに入ったこれ、何だか分かります?
b0139432_1552694.jpg

実はこんにゃくなのです。

義母は、こんにゃくいもから自分で作ります。
乾燥させ、茹ででミキサーにかけ、石灰水を加え…とさまざまな工程を経て完全手作りです。
その年ごとに出来の良し悪しはあるそうですが。

義母は野菜も作りますし、たくあんや梅干も作ります。
和裁もやり、お花も活けられます。
なにひとつ受け継ごうとしない嫁にも文句は言いません。(思っているかもしれませんが。)
グレイトですな。

あと、昨日もらったと言って食卓に上ったもの。

イナゴの佃煮。

言っておきますが、昆虫です。
もどきじゃありません、本物です。
いや、そういう食文化がある事に文句を言うつもりはないですが。

好き嫌いがないのが唯一自慢の私。
でもこれだけは。

勘弁して~。
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-29 15:56 | 食べ物

羽についての一考察 その13 エピローグ

珍しく一気に書き上げてしまったので、早速UPしました。
内容にもちょっとびっくりかもしれません。

More
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-28 05:09 | ちょこっと話4

戦国時代

やっと読み終わりました、「密謀」(藤沢周平著)。
この手の本は久しぶりです。
人名・地名は肝心の所だけつかんで、あとはすっとばしました。

戦国時代(安土桃山時代)かあ…
男の世界ですなあ。

難しい感想はとても書けませんが、主従ってどうしてあんなに萌えるんでしょう?
特に兼続はあれだけの才覚がありながら、最後まで上杉に尽くす忠臣。景勝とのツーカー振りが見ていて気持ちがいいほどです。

そんな男臭い物語の中、ちょこっと女性が出てくるとほっとします。
これは著者のオリキャラなのかもしれませんが、上杉の忍の棟梁、「喜六」とその愛人(とは言っても事実上の妻)で女忍びの「もと」の関係に萌えました。
年老いて醜くなりながらも男臭さを失わない喜六を一心に慕う、気が強いけど若い娘のような所も持つもと。彼女は喜六をかばって息絶えますが、喜六も彼女に並々ならぬ愛情を持っていたという事を示す描写があり、泣かせます。

たくさんの人が死に、上杉を主役にした物語である以上その結末は虚しいものに終わりますが、その中で、若き剣客静四郎、その妹で可憐なまい、静四郎を慕う女忍びのうねが生き残った所に救いを感じます。
うねは、好き合いながらも忍びの掟によって村を去る静四郎を追いかけます。それに気付いて、苦々しくも結果的に見逃す、うねの父喜六。
幸せになるといいなあ。

しかし、兼続も戦国の人間、しかも上杉の執政である以上、義に基づいてはいるものの、かなり血生臭く冷酷な処断を下している所が多々あります。それが仕事ですからね。
大河の妻夫木兼続のように「見るからにお人よし」な人にそんなことはとても出来そうにないですが。
この先の展開次第なんでしょうか。
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-25 05:49 | その他

羽についての一考察 その13-3

13話の最終話です。
よろしかったらどうぞ。

More
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-24 09:55 | ちょこっと話4

執事

娘が喜んで観ていたドラマ、私もちらっと観てみました。

「メイちゃんの執事」第2話。

これは…何て言うか。
イケメンパラダイス以上に荒唐無稽だ…。

ある日突然お嬢様学校に入ることになった素朴な女の子と、一人一人に付くイケメンの執事研修生。しかも両者の恋愛はタブー。

少女マンガの好む要素「シンデレラストーリー」、「私だけを見てくれるイケメン」、さらに「許されざる恋」!これでもかと狙ってきましたね。
何だか少女マンガって言うか、「ちゃお」の読者層狙いっぽい。(小学生~中学始めくらい?)

大体「執事」って。
今世間では「メイド」に続くブームだそうですが。
コレ観てる限りでは執事っていうより「召使い」ではないかい?

私の中では「執事」って、家の主人に付いて、お屋敷の事を取り仕切ったり事務的な雑事をする人のことだという、ちょっと格上なイメージがありましたので。
でも辞書を引いたところ、

「身分・地位のある人のそばにいて用事をする人」(三省堂 国語辞典)

だそうなので、別にドラマの定義は間違っていなかったんですね。ひとつ勉強になりました。

何だかこの姿は「ファイブスター物語」の男性型ファティマを思い出します。
主人は男だったり女だったりするけど、強い女性ヘッドライナーに影のように静かに付き従う、優秀な男性ファティマっていいです。萌えます。

この設定は…ベルばらのオスカルとアンドレにも通じるんですね。萌えるはずだ。
ただこの二人の場合、アンドレは「仕える」事に喜びを見いだしてるんじゃなく、オスカルの傍にいられればどんな立場でもいいと思っていたような感じがしますが。
彼は「恋愛の許されない」身分差に苦しんではいますが、逆に言えばこの時代、従者としてでもなければ平民の彼が彼女と一緒にいられるはずがないので、そこがつらいジレンマです。彼が貴族として生まれていても、それこそ彼女との接点は無かったでしょうし。

余談ですが、ベルばら実写映画では、アンドレはオスカルの従者ではありません。オスカルが宮廷に上がる際、旦那様から「宮廷の厩番」という仕事に就くように言われて、しぶしぶ承諾させられています。もちろん衛兵隊に入る事もありません。映画の彼が厚顔で独立心が強いのは、そういう設定から来ているのもあるのかも。(でも依然ジャルジェ家の使用人でもあるらしく、オスカルの送り迎えもするし、家ではなんだかんだと彼女の傍にいます。何だかよく分かりません。)

話があっちこっち行きましたが、私的に「執事」は、女の子に付くよりはジャルパパみたいな旦那様に付いて、長年の友情にも似た信頼で結ばれ、家や使用人を取り仕切るといった方が好きです。
あのドラマの「執事」たちは、何だか不自然だし痛々しいので、ちょっと私の萌えポイントとは違うかな。
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-21 22:18 | 漫画・アニメ

Kids4巻

こないだ買ったマキアージュの口紅を付けて仕事に行ったら、「もっと唇に色があったほうがいいよ」と言われてちょっと凹み気味です。買ったばっかしなのに…。
明日はもっと目元を盛って行こうかな。もはや夜の蝶か。

最近「ベルばらKids」の公式HPのチェックをサボっていたら、4巻が出ているのに気付きませんでした。よそ様のブログで知り、慌ててセブンのネットで取り寄せ。

私のカレンダーはイケメンバージョンでした。

4コマにさえ妄想が刺激される始末。
ああ、描きたいものいっぱいある…森でお風呂とか彼女の水着姿とか。(全部エロネタか…自分の程度の低さに腹が立つ。)

買ったものの眠らせておくのも勿体ないので、Kidsのガチャポンで出したチェーン付きフィギュアを車のエアコンスイッチにぶら下げました。OAと緑ドレスのマリー様。
これ、さすが200円だけあって細部まで良くできているんです。髪の流れも立体的だし、ブローチ?や剣もちゃんと着色されてる。マリー様のドレスも、ちゃんと中に足があるし。

眺めては癒されていますが、誰か乗せるときはちょっと…どうしようかなあ。
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-20 21:33 | 漫画・アニメ

兼ちゃん

昨夜、何とか「天地人」を観る事ができました。
ちょっと何かをしながらの斜め視聴だったんですが。
いちいち登場人物が出てくるたびに肩書きと名前がテロップで出てくる所がありがたかったです。

兼ちゃん。
可愛いやつです。ちょっと可愛すぎない?
純真で能天気、爽やかな所が、原作おりぼんっぽい…。
常盤貴子演じるお船がまた男勝りで男言葉(当時はみんなそうだったらしいけど)、クールビューティでオスカルっぽい。
殿に一目ぼれされたお船、後にどのような段階を踏んで…になるのか楽しみな所です。修羅場にならないといいけど。

その殿も、北村一輝でかっこよすぎ?と思ったけど、田舎者らしい朴訥さと威厳を上手く出す演技が良かったです。
謙信の阿部ちゃんも渋くていい!やっぱ別格ですわ。

来週も観れたらいいなあ。
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-19 12:59 | その他

羽についての一考察 その13-2

男勝りの女の子の心情を描くのは難しいです。
自分あまりアクティブじゃないもんで。
でも色々想像するのって面白いです。

今回ちょっと長いですがお付き合いお願いします(^~^;)

More
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-17 21:28 | ちょこっと話4