マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori


<   2009年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

これでもかっ

b0139432_20504140.jpg

ってほどでは全然ありませんが、「おせち料理」という名の我が家の二日分の食事です。


今、紅白を録画しつつ観ています。紅白ってバックダンサー(人海戦術?笑)がいっぱいいて華やかな演出なので好き。
ポルノさんは割と早いうちの出番でよかったけど…赤組の前後が演歌かあ…なんかやりにくそうだな。
と思っていたら。
MCも無しなの?え?
最近アキヒトさんは曲の間奏部分での喋りにはまってるらしく自己主張していましたが、ハルイチさんは結局一言も発しないまま…

この扱いって一体…(泣)

せっかくお花つけて正装っぽくしてたのにねぇ。めっちゃかあいらしかった。

仕方ない、CDTVに期待するとします。これも録画~。
それにしても近年の特番って、なんでこんなに長いのでしょう。未だに「ビデオ」で120分テープ使って録画してるのに、一本ギリギリだよ。(DVD買えっての…。)


それでは皆様、良いお年をお迎え下さい(^0^)/
[PR]
by yukino-mori | 2009-12-31 21:06 | 音楽

お蘭さま

ちくま文庫「樋口一葉小説集」、ちまちま読んでいたのですがやっと読み終わりました。
当時の文体のままなので、慣れるまでが大変でしたが、慣れてみると独特のリズムが心地よく、意味が分からない所もなんとなくニュアンスでいけました~。

娯楽小説以外のジャンルはあまり読むことがないので新鮮でしたが、現代の小説とはそもそも構成自体ちょっと違うもののようで、「え、これで終わり?」のようなラストのものが多く正直戸惑いました。今まで分かりやすく起承転結のあるものしか読んでこなかったので。あ、坂口安吾の時もそういう印象を受けたなあ。
あとこれはやっぱり大人向けですね。女性特有の職業を描いたものが多く、家父長制が背景になってるので、独身の若い人には感覚的に捉えづらいんじゃないかと思います。
ハッピーエンドのものはほとんどないので、明るい読後感ではなかったです。「この世とはままならぬもの」という切なさが残るというか。でもさすが女性視点、人物の描写のリアリティと説得力はすごいです。

「やみ夜」という、小説集最後に掲載されていたものが一番印象に残りました。
タイトル通り全編を覆うのは闇で、解説の言葉を借りれば「外面如菩薩内面如夜叉」の主人公お蘭の描写が素晴らしい。特に自分の父が入水した池を前に直次に述懐するところなんか、妖艶で冷たい表情までが目の前に浮かんでくるようでぞくぞくしました。このお蘭の凄まじいまでの矜持、姫っぷりが好き。


年末なのにこんなことばっかやってていいんでしょうか…。
明日からちゃんと正月準備します。多分。
[PR]
by yukino-mori | 2009-12-30 05:42 | その他

お掃除

今日は年内最後の休みだったので、(しかたなく)お掃除をしました。
私の担当は水周りで、お風呂は「カビキラー」、レンジは「マジックリン」という文明の利器を駆使してほぼ一日立ち騒ぎ、夫は座敷と茶の間のすす掃きとぞうきんがけを。義母は仏間。

もう疲れた~。
もう年内はしないぞう。

やろうと思えばいくらでもやることはあるのですが、諦め時が肝心。
やり残しにはめをつぶって、楽しい正月を迎えます。


あ、昨日書いたマリクレのマスカラ、残念ながらやっぱり単品での使用は私的に無理でした。ちょっとたよりなくて。でも同じフィルムタイプのケイトの下地と合わせて使おうと思います。
[PR]
by yukino-mori | 2009-12-27 21:49 | その他

聖夜

関係ないですが、今、「せいや」って入力したら、一発目で「星矢」って出た…
聖闘士さんたちのことはしばらくどこにも書いてないんだけどなあ。

今日はうちではクリスマスぱーちぃ。
でも殆どの家では昨日のうちにやってしまったらしく、お店は昨日とうって変わって閑散としていました。ほんとはクリスマスって明日のはずなんだけど…上司、「クリスマスのディスプレイ、今日のうちに外して」って指令、ちょっとあんまりじゃないすか。どこもそんなもんなのかなあ。

ともあれ予約してあったアイスケーキを受け取り、鳥モモのから揚げと手巻き寿司、サラダがごちそう。
子供はシャンメリー、大人はもう恒例になった「アンドレ」ロゼを。夫がほとんど飲んでしまいそうだったので途中で片付けました。
その夫は今日休みだったので、私が仕事にいってる間に「サンタさんの買い物」を。
子供がいろいろ注文つけたり、高額のものを欲しがるようになってしまったので、「もうサンタさんなんて終わりでいいよ」と切れていた私を「まあまあ」となだめ、セレクトを引き受けてくれた夫。フッ、去年までの私の苦労を思い知るが良い。(冗談です感謝してます)

結局サンタさんが何を用意してくれたのか、私も知りません。
妙に自信ありげですが…明日の朝が楽しみです。
[PR]
by yukino-mori | 2009-12-24 23:42 | その他

今更?

今更、「のだめカンタービレ」にはまってます。
ていうか、原作は一巻の冒頭を小児科の待合室で読んだ事があるだけで、もっぱらTV版のほうです。だからちょっと邪道かもしれませんが、全二十数巻ではこれから読む気も萎えるので…。
最近夕方ドラマの再放送を毎日やっていて、TVスペシャル版の再放送がそれに続けてあったので、ついずーっと観てしまいました。おもしろかった~。

ギャップ萌えの私としては、のだめちゃんはもうツボ。
にょほほんとした性格なのにすごいピアノの才能、このギャップがまずたまらんですよ。
また、「千秋先輩好き~♪」なただの(千秋曰く)「変態」なだけじゃなく、ちゃんと好きな人に追いつくために、すごいがんばって努力して、自己の存在意義を確立してるところ、それによって結局振り向いてもらえちゃうところが良い。クラシックの香り漂うスポ根もの、といった感じです。私の中では。

また、いくら好きな人でも究極に頭に来ると、「ケ〇の穴の小さか男たいね!!」と博多弁で罵倒する豹変ぶり。
やっぱ「俺様」タイプの男にはこういうのが効くのかな~と勉強しました。漫画でもよくありますよね、偉そうな男や女がビンタ一発で惚れちゃうって黄金パターン。

千秋のツンデレぶりもいい感じで、内心首ったけなのがなんとも可愛い玉置宏。この人とにかく腕や首が長くて、指揮者の役がすんごい似合うんです。

ああ、今映画やってるんですよね…。
冬休み明けたらこっそり一人で見に行きたいと本気で思ってます。が。
今やってるのは「前編」。てことは、こういうのって大抵、「後編」が封切られる前にTVで放映するんですよね。
う~ん、それを待つべきか…なんて迷ってるうちに見に行くの忘れてしまいそうです。
[PR]
by yukino-mori | 2009-12-23 16:59 | 漫画・アニメ

文学

太宰治の「人間失格」を読みました。
実はこれは二回目で、一回目は遠い昔、電車通学をしてた時代に読んだのですが、キレイに内容を忘れていました。読めばいいってもんじゃないですね。

内容や感想はあえて書きません…っていうか書けません。
下手にわかったような事を書くと、なんか読み込んだファンの人に怒られそうなので(汗)。
改行が少なく、びっしり字で埋め尽くされているので、それほど多くないページ数の割には読むのに時間がかかってしまいましたが、なぜかやめられなくて、一気にとはいきませんがガーッと読んでしまいました。

一回目に読んだ時の感想を忘れてしまったのは残念ですが、この作品もまたベルばらと同様、何回読み直しても自分のその時置かれている状況や年齢によって違う捉え方ができるものだと思います。
名作ってそういうものなんでしょうか。


余談ですが、岩波文庫は薄くて買いやすく、また持ち運びに良かったので、昔はよく読みました。いわゆる有名どころ…川端康成とか夏目漱石とか、代表作くらいは読んでおかなきゃなあってのもあって。
が、上に書いたとおり、読んだ事は読んだのですが、内容を覚えているものはほとんどありません。やっぱり「消化」するために読む、っていうのはだめですね。

自分で買ったそれらの本は実家で始末してしまったのですが、こっちで義姉の残していった本を見ていたら、そういうものが少し出てきたので(「人間失格」もそのうちの一冊です)、また暇をみて読み直そうかなあなんて思ってます。
[PR]
by yukino-mori | 2009-12-19 23:22 | その他

白魔

まだ外は雪です。
明日の朝、どうなっているか怖い。

もう50センチくらい積もったのかなあ。さっき、雪の中から白菜を二つ救出してきました。(義母が畑から抜いてきたのをまとめて、上から藁をかぶせてあるんです。それが雪に埋もれた…保存の意味があまりないような。)
明日もまた出勤、あの洗濯板みたいになった土手を運転しなければなりません。ああ。
除雪車間に合ってくれ~。

今回、平野部だけでの大雪だそうで、雪の欲しいスキー場は反対にさっぱりだそうです。上手くいかないもんだなあ。
とはいえ、明日からのきなみスキー場は営業を始めるらしいです。スキーヤーは雪を見るとわくわくして、いてもたってもいられないらしいですが、寒いのが死ぬほど嫌いな私にはうっとおしいだけの代物です。(HNにしているのに。)
雪の降らない土地に住みたいなあ…でも年中暖かい所は蚊やゴキブリも年中いるだろうし…

新婚旅行で行ったハワイのマウイ島は、田舎と都会のいい所を取ったような実にいい場所で、実際見かけた日本人は若い人ばっかりだったのですが、アメリカ人は老夫婦ののんびり旅行みたいなのが多かったです。
冗談で、「私たちも隠居したらここに住もうよ」と言っていたんですが…絶対に実現できない夢だ。


何の話なのかわからなくなりましたが、とりあえず来週には冬型が緩むという事なので、多分年末のオードブル応援(AM4時出勤)の日には道路が凍る事はなさそうです。
お願い神さま。
[PR]
by yukino-mori | 2009-12-18 20:26 | その他

ホワイトクリスマス

ブログスキンをクリスマス仕様に替えてみました。きれいだー。
そういえばうちのクリスマスツリー、古くなって劣化してしまったらしく、ビニールの葉っぱが落ちるようになってしまった…。買おうかまだいいかちょっと考えました。

緑の普通の木にカラフルな飾りをつけるのも子供受けしていいけど、真っ白い木に青いリボンだけとか金のリボンだけとかの大人のツリーもいいなあ。簡単なところがなお良し。
こんな田舎でもイルミネーションで家周りを飾る家がぽつぽつあるのですが、クリスマスツリーの出し入れでさえめんどくさがる私にはとても真似のできない芸当です。雪が降った時とか漏電しないのかなあ。


b0139432_10385686.jpg

今朝、娘が早起きして作っただるまです。
いつもこれくらい早く起きるといいのに。

[PR]
by yukino-mori | 2009-12-17 10:40 | その他

今日は夕方から雪になりました。
とはいえ、さほど気温が低くないので、シャーベット状のびしょびしょ雪です。どうせ積もらないだろうと高をくくっていたら、今もう5センチくらい積もってる。昨日タイヤ交換してもらってよかった~。

雪ってのは、静かに降るから怖いです。知らないうちに積もっていて凄い事になっているんですよね。
北海道かどこかでは、「白魔」(白い悪魔)と言うんだそうで。なんかわかるなあ。

雪を見ると子供は喜ぶんですが、昨今の雪質では雪だるまも作れません。すぐ手袋がびちゃびちゃになるので。
少雪なのは大人としては嬉しいですが、ここ20年くらいでも大分気候が変わったなあと実感します。
[PR]
by yukino-mori | 2009-12-14 22:15 | その他

ライブ

やっぱりライブはいいですね~。
とは言いつつ、夕方、古巣の合唱団の定期演奏会に行ってきただけですけど。
例によっておひとりさま。こういう時同居してると助かります。お義母さん、今度地元に宝塚が来たら連れて行くからね。

今年は全国大会に出たっていうから、この前のようにとんでもなく混むかと思ったらさすがに二回目だけあってそんな事はなかったです。

アマチュアは一生懸命なのがいいですね。こっちもフレッシュな気持ちになります。
言いたい事はいっぱいあるけど、自分たちで全部準備して開催したんだもん、たいしたもんだ。
今頃は打ち上げの真っ最中でしょうか。明日の講義に差し支えない程度に羽目を外して楽しんでほしいです。


私のいた頃は、もっと下手くそで収拾つかなくなってたなあ。空中分解タイトロープというか。
昨今の傾向としては、ちょっとキレイにまとまりすぎて何だか寂しいです。アマなんだからもっと混沌としててもいいと思うんだけど。
[PR]
by yukino-mori | 2009-12-13 21:44 | 音楽