マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


コスメの引力

若い子のブランドから、セザンヌやメディア、ちふれのような年齢不詳な化粧品まで主に使ってきた私。
ここらで少しプチプラから脱し、大人向けのものを使ってみようかな、と今更ながらふと思い立ちまして。

とはいえ、デパブラは敷居が高く、余計なものまでおすすめされそうな気がするし(これがまた私も意志が弱いのでつい乗ってしまう)、遠出する気力もなかったので、DSで買えるくらいのものをと考えた結果。

久本雅美嬢がイメガを務める、ソフィーナの「プリマヴィスタ ディア」。

いきなり50代向けかい、という突っ込みはさておき、あれが真っ先に思い浮かびますが、私はソフィーナのベースメイクとはいまいち相性がよくない…とは言いませんが何となく購買意欲がわかない(パクトのデザインは可愛いけど)。
いろいろ見てたら、カネボウの「コフレドール」に「50代からの」ベースメイクライン「コフレドール グラン」が出た、ということを知りました。
ディアの二番煎じっぽいですがまあそれはおいといて。

イメガはアンパンマン…じゃない、とってもエレガントで美しい戸田恵子嬢。
CMを見ましたが、あのカバー力がほんとなら、まさに私の理想。
なにせ年齢的には50前ですが、隠したいものが多すぎるので…。

でもCMはCM、実際はわからないし、ただでさえ手持ちのBBクリームやらファンデがまだいっっぱいあるのに、この上またタンスの肥やしを増やしたくはない…

ということでサンプルが欲しかったのですが。

ない。
どこ行ってもない。店員さんが「申し訳ありません~」と困ったように微笑むばかり。
ようやく4軒目で(いいかげんしつこい私も)、一個だけあったというパウダーファンデのシートサンプルのみいただいてきました。
ほんとはリキッドと下地もせめて一回分ずつ欲しかったんだけど…

売り方が地味すぎるよカネボウ。
ソフィーナみたいにCMバンバン流せとは言わないけど、新製品なんだから発売前だとしてもサンプルくらい置いといてよ~もう発売してる店もあったのに…

まあとにかくいただいてきたので、良かったらよそ行きファンデとして購入検討しようと思います。



ところで、こつこつケミカルピーリングをして一週間。
うんともすんとも言わなかった私の(こんな時に限って)丈夫な肌ですが、ようやく薄く皮むけが始まり、ちょっと痒くなってきました。
シミ自体が薄くなるまでは何か月もかかるのですがね…
頑張って続けようと思います。ポジティブシンキング!
[PR]
# by yukino-mori | 2013-11-06 14:02 | コスメ

記念日

本日は、私たち夫婦の18回目の結婚記念日。

早いもんだな~そうこうしているうちに嫁いでからこっちの方が長くなるかもね~なんて平和に会話しておりました。

天気も良く、ふんふ~んと出社したところ、私が昨日した仕込みが失敗し、パン15個が売り物にならなくなっておりました。

しかも今日一日、窯担当で、慣れないことにあたふたしっぱなし。
レシピもなかなか覚えられず全てにおいて自信喪失。
怒られるということはないんですが、物覚えの悪い自分にムカつく。

40も越えてこんな目に合うとは…
役に立たないプライドなんざ持ち合わせていないと思っていたけど、結構あるもんだねコレが。

そして仕事後は、長男(高校生)の個人面談。
予想通り、ろくなことを言われず。
進学だ何だという話以前に、進級があやしいとは何事だ。

帰宅すれば、介護レンタルの担当の人から電話があったとか。
病院の先生から、話があると言われたとか。

チクショウろくなことがないぜBABY。
もうアタシのキャパはいっぱいいっぱい。

夫も今、期間限定兼業農家で朝から夜中まで忙しいから、この上グチグチ言うのも気の毒だし(いや言っちゃうんだろうけど)。


さっき、だんなさんがコンビニからケーキを買ってきてくれました。
お酒の方がよかった気分…

でもいただきます。
[PR]
# by yukino-mori | 2013-11-05 20:30 | その他

自分投資

ストレスがたまると太るということはままあることですが、私の場合体重が変わらないのに最近妙に顔が大きく見える…

なぜだろうとよくよく考えてみると、どうも髪のボリュームがなくなってきているようで。

そういえば、すごく髪が抜ける。
まあ、一時期抜け毛が多くなることは昔からよくあることで、気にしないでいたら自然に元に戻ったりしていたので、今回もあまり気にしてなかったのですが、ちょっと自分でも気になるくらいぺたんとしてきた…

敏感肌用のシャンプーを使っていたり、寒くなってきたので布団を頭までかぶっていたりということもあるのかもしれない。けど…

気にするとなおさら抜け毛が増えると分かっている。
脅迫症の私は、それをできるだけ回避するため、「こんだけしてるんだからだいじょーぶ!ほら少し改善してきたし」という事実を作らなければならない。(←すでに脅迫されてる)

買ってきました、セグレタの「ふっくら仕上げ」(だったかな?)シャンプー。
あと頭皮エッセンスも…高かったけど。「かみのもと」に比べると2倍ちょっとだけど。

若い頃はやっきになってボリュームダウンに努めてきたのに、今度はボリュームアップとは…
哀しい現実だけど背に腹は代えられない。


あと、長年気になってきた顔の目立つシミ。
どんなにHAKU使い続けても薄くなる気配がないので最近はあきらめ気味でしたが、やはりコレがない方が絶対人生楽しいよな…と思い、とうとう皮膚科に行くことを決心しました。

「医者というのもは病気の人が行く所。美容のために行くなんて申し訳ない」とずっと思い込んでいた真面目な私ですが、勇気を出して行ったところあっさり「ああシミですか」とフランクな態度のお医者様。
勝手にハードルを上げていた私、もっと早く来ればよかった…

お医者としては、レーザーやフォトフェイシャルなど簡単ですぐ効果が現れるものの方がいいというスタンスらしかったのですが、費用の面でもなかなか辛いものがあったので、とりあえずまずはケミカルピーリングで、という私の希望を聞いて処方箋を書いてくださいました。
地道に二種類のクリームを毎晩塗るという作業が必要なのですが、そういうのはあまり苦にならないのでいいか~。

「もう消すのは諦めているんです…」という私の控えめな言葉に、「え、結構消えますよ」とさらりと頼もしい言葉。
まだ四日目くらいで何の変化もないですが、その言葉を信じてコツコツがんばろうと思います。
[PR]
# by yukino-mori | 2013-11-02 16:45 | コスメ

美魔女が年下

いつものように早朝、ニュースワイドを見ながらのほ~んとPCをいじっていたところ、先程
「美魔女コンテスト」
の模様が流れました。

どなたも素晴らしい小顔!艶々お肌!豊かな毛量!グッとくびれ!
顔だけなら化粧やライティングもあるでしょうけど、全身余すところのないこの気の使いよう!
もはやボディービルダーの域だなあなどと勝手に思うわけです。

そしてそして、今年の優勝は39(38だっけ?ごめんなさい)歳とのこと…

ああ、30代でも美「魔女」って呼ばれるんだ…
なんかショック…

せめて「美魔女」は40代以降の方にしていただきたかった…


まあ、年齢に対する思いは人それぞれですから。
ファイナリストの中には60歳の方もいたということなんですけど、それでももし私が60以上だったら、「若い」と思うんでしょうね。

同じ人類だと思えないほど、私とはかけ離れた存在であることはいずれにしても変わりませんが(笑)。
[PR]
# by yukino-mori | 2013-10-30 05:19 | その他

お届け物です

b0139432_14344612.jpg


印鑑かサインお願いします。
[PR]
# by yukino-mori | 2013-10-23 14:34 |

退屈するのが怖い

幼い頃から、大雑把で気の利かない性格ではあるのですが、反面妙にくよくよした性格で、何か些細なことが気になりだすと居ても立っても居られなくなってしまいます。

ここ数年、更年期でもあるのか、特にその傾向が強く。
忙しくしてる時は気が紛れていいのですが、少しでも時間や気持ちに空白ができると、昼間の仕事時の事がフッと頭に浮かび「あの時もしかして~~しちゃったかもしれない」「あの対応はあれでよかったんだろうか」と考えても詮無いことをくよくよと気にして自己嫌悪に陥ってしまいます。

できるだけそういう時間ができないよう、その時その時、雑誌や本など気を紛らすものを用意しといて、あまり余計なことを考えないように気を付けています。

アントワネットの言葉に、「退屈するのがこわい」というのがありましたが、わかるな~。
暇だとろくなこと考えないもの。


それこそくよくよしないで病院行けよって話ですが(^^;)


「うつはつらいものです。でもあなたが苦しむことはありません」
涙出ますよそんな優しいこと言われたら。
[PR]
# by yukino-mori | 2013-10-22 05:14 | その他

大満足!

昨日発売の、ベルばら新作の載った「マーガレット22号」、買いました!

表紙はオスカルの新作イラスト、本誌では巻頭カラー24P!
しかもなんと太っ腹、付録にマーガレットコミックス1巻の復刻版が!
これこそ「扱いがいい」というべきものでしょう~

「エピソード2」の主役はジェロ―デル。
幼少時代、10歳の頃?の、オスカルとの出会いを描いたものです。
前述しましたが、今回は24Pで、16Pだったアンドレより増えてるしそれだけ内容が濃い…
池田先生の愛情の反映?(←うそうそ、集英社様の都合でしょう)

ジェロの幼少時代ということで、もちろんオスカルとアンドレも同年代で出演していますが、オスカルやたらかっこいい!男前!アンドレのおリボン姿にも満足♪

しかし、何より衝撃だったのは、ジェロのファーストネーム。

「フローリアン」…って…

やっぱり、アニメの「ヴィクトール・クレマン」とは違うんですね。
当然っちゃ当然ですが、勝手に耳馴れていたのでちょっとショック…
でもこちら、雅で繊細な感じがなるほどジェロに似合ってます。

ただの「フローリアン・ド・ジェロ―デル」ではなく、「フローリアン・××・ド・ジェロ―デル」なんでしょうけど…(それとも、「××・フローリアン・ド・ジェロ―デル」なのかな?)。
フルネームも考えておられるんだったらぜひ知りたいところです。

で、「僕と一つしか違わない」とオスカルの事を言ってるんですが、そうすると彼はオスカルより一つ年下ってこと…なんでしょうか。
何かで、「2歳年下」って読んだような気がするんですが…まあ細かいことなので別に。


そのほか、「士官学校はどちらかというと貧しい人のためのもの」とか、「ベルサイユ宮に居室を与えられているのは大貴族の証」とか、18世紀フランスのトリビアが自然に盛り込まれていて、なるほど~という感じ。面白かったです。


次の「エピソード3」の主役はフェルゼンだということで。
今度はオスカルではなくマリー様が前面に出てきそうですね。
集英社様、また「扱いのいい」のを期待していますよ!
[PR]
# by yukino-mori | 2013-10-20 09:03 | 漫画・アニメ