マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


戦国時代

やっと読み終わりました、「密謀」(藤沢周平著)。
この手の本は久しぶりです。
人名・地名は肝心の所だけつかんで、あとはすっとばしました。

戦国時代(安土桃山時代)かあ…
男の世界ですなあ。

難しい感想はとても書けませんが、主従ってどうしてあんなに萌えるんでしょう?
特に兼続はあれだけの才覚がありながら、最後まで上杉に尽くす忠臣。景勝とのツーカー振りが見ていて気持ちがいいほどです。

そんな男臭い物語の中、ちょこっと女性が出てくるとほっとします。
これは著者のオリキャラなのかもしれませんが、上杉の忍の棟梁、「喜六」とその愛人(とは言っても事実上の妻)で女忍びの「もと」の関係に萌えました。
年老いて醜くなりながらも男臭さを失わない喜六を一心に慕う、気が強いけど若い娘のような所も持つもと。彼女は喜六をかばって息絶えますが、喜六も彼女に並々ならぬ愛情を持っていたという事を示す描写があり、泣かせます。

たくさんの人が死に、上杉を主役にした物語である以上その結末は虚しいものに終わりますが、その中で、若き剣客静四郎、その妹で可憐なまい、静四郎を慕う女忍びのうねが生き残った所に救いを感じます。
うねは、好き合いながらも忍びの掟によって村を去る静四郎を追いかけます。それに気付いて、苦々しくも結果的に見逃す、うねの父喜六。
幸せになるといいなあ。

しかし、兼続も戦国の人間、しかも上杉の執政である以上、義に基づいてはいるものの、かなり血生臭く冷酷な処断を下している所が多々あります。それが仕事ですからね。
大河の妻夫木兼続のように「見るからにお人よし」な人にそんなことはとても出来そうにないですが。
この先の展開次第なんでしょうか。
[PR]
by yukino-mori | 2009-01-25 05:49 | その他
<< 羽についての一考察 その13 ... 羽についての一考察 その13-3 >>