マンガとコスメと甘い物が好き
by yukino-mori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


家庭の事情

帰ってきました。
また明日祭りに行きます(こっちがメイン)。

昨日は2ヶ月の甥っ子を調子に乗って一時間近く抱っこしていたら、何となく筋肉痛。
子供ってものは、子泣きじじいのように段々重くなってくるものですが、可愛くて降ろせません。

夕飯の準備をしなくてもいいので、せっかくだから貸し本屋で懐かしいマンガを借りました。
高校生の時友人から借りた事がある、「八神君の家庭の事情」楠桂(サンデーコミックス)。
体質的に年をとらない、どう見ても15~6才の実の母親、野美ちゃんに恋してしまう高校生、八神君のラブコメディー。
絵は荒削りで、展開に多少のマンガっぽさはありますが、マンガだからOK。
テンションの高さが、当時の作者の勢いを窺わせます。
段々増えていくキャラも楽しい。
八神君がマザコン(?)だと知っても尚恋する真幸ちゃん(清楚ですが実はバイク好き)、野美ちゃんに一目ぼれする極道顔13歳の万谷君が特にお気に入り。
野美ちゃんがね、もう可愛いんですよ。多分40近くなんですが。
彼女の全てにリアルに欲情してしまう八神君が男の子!って感じでほほえましい(面白い)です。

全7巻で、終盤少し疲れてきた感があるので、もう少し短くてもよかったかな。
最終回も少々唐突で、残念な感じ。

でも10代の男の子萌えの方は一読してみてもいいのでは。
(ただ作者、女性なので、多少「女が考える10代の男の子像」っぽい感じがするのは否めません。私も人のこと言えませんが、なった事ないので、想像するしかないんですよね~…永遠の課題か!?←大げさ)
[PR]
by yukino-mori | 2008-08-18 16:20 | 漫画・アニメ
<< 羽についての一考察 その10-7 帰省もどき >>